初心者・英語が苦手なら:ネオイングリッシュ英会話へ NeoEnglish

サンプル初中級:例3

サンプル 初級:レッスン1

3回のレッスンで、つぎの英文をよめるようにします。

Shares in Japan’s Skymark Airlines soared Friday after the company said it was negotiating with Airbus to reduce a breach-of-contract penalty tied to the collapse of a $2.2 billion jet order.

Japan today

文を読みやすく変えてみましょう
==============================

文には、以下のS[V]O:「誰がどうした」が含まれています。

Shares [soared]
株は上がった

[after] the company [said] (that)
発表のあと

it [was negotiating] ([with] Airbus)
交渉中

[to reduce] penalty
ペナルティ削減

penalty [tied] ([to] the collapse of jet order)
ジェット機注文破棄のペナルティ

ここでしっかりS[V]O:「誰がどうした」を頭に入れて下さいね。
これが”さいごまで”英文を読む軸になります。

この軸がブレると、英文が読めなくなりますよ♪

[前]Oのせつめいを確認しましょう
================================

[前]Oは、名詞 or 文の説明です。なにを説明しているか確認します。

Shares ([in] Japan’s Skymark Airlines)
スカイマークの株

it [was negotiating] ([with] Airbus)
スカイマークは、エアバスと交渉中

penalty [tied] ([to] the collapse of jet order)
ジェット機注文破棄のペナルティ

collapse ([of] (a $2.2 billion jet) order)
ジェット機注文の破棄

なにの説明か?確認が済んだら、この内容はいったん忘れます!
[前]Oのせつめいを頭に入れながら読むと、文が読めなくなります。

英文を読むときは、

S[V]O:「誰がどうした」だけを軸に読みます。
[前]Oの説明は、無視して文を読みます。

S[V]Oと[前]Oに分けて、文を読みましょう
==========================================

Shares [soared]
株は上がった

[after] the company [said] (that)
発表のあと

it [was negotiating]
交渉中

[to reduce] penalty
ペナルティを減らす(目的)

[前]O

Shares ([in] Japan’s Skymark Airlines)
スカイマークの株

it [was negotiating] ([with] Airbus)
スカイマークは、エアバスと交渉中

penalty [tied] ([to] the collapse)
破棄に関するペナルティ

collapse ([of] (a $2.2 billion jet) order)
ジェット機注文の破棄

誤訳する理由は2つ、

– はじめから、日本語に訳しながら、だらだら読んでしまう
– せっかく英語のまま理解した文を、あえて日本語に言い換えてしまう

日本語に訳さず、
英語のまま「誰がどうする」、「場所、時間、理由」のせつめいを理解しましょう。

!せっかく英語のまま理解したら、あえて日本語に言い換えません!

大変お疲れ様でした♪

よくある質問(こちらをチェック)
http://neoenglish.net/メールレッスンよくある質問/

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP